出産祝いのお返しギフト(出産内祝い)の贈り方・マナー

妊娠中からしておきたいことのひとつに、【内祝いの段取りスケジュール】があります。出産準備を進めながら、体調の良い時に内祝いの準備もはじめると良いですね。

出産祝いは、一般的に出産後1ヶ月くらいまでにもらうことが多いです。産後すぐはママの体調も安定していないことが多いので、妊娠中にできることから情報の整理をしておくと、産後の負担が少なくて済みますよ。

出産内祝いとは
昔は赤ちゃんが生まれたお祝いを知らせるためのもので、出産祝いをもらう、もらわないに関わらず内祝いを贈っていたようですが、現在は、出産祝いのお返しとして考えるのが一般的です。

贈る時期
頂いてから3日以内をめやすに手紙や電話でお礼を伝えます。
内祝いを贈るのは、お祝いを頂いてから3週間~1ヶ月をめやすに

お返しの金額
お祝い返しは頂いた金額の半分(半返し)というのが習慣となっています。
物品などで頂いた場合は、正確な金額が分からないこともあります。
高額なものを頂いた場合は、半返しが無理な場合もあるでしょう。
あくまでも”赤ちゃんへのお祝いに対してありがとう”の気持ちをあらわすもの。無理のない範囲でお礼をしましょう。

内祝いは必ず贈らなければいけない、というものではありませんが、夫の会社の上司や目上の方には失礼のないよう、きちんとお返しをするのがマナー。

身内の人やお友達からお祝いを頂いた場合は、赤ちゃんのお披露目もかねて落ち着いた頃に、自宅に招いてごちそうするなどのお返しも良いと思います。

何を贈れば良い?
子どもがいる家庭には子どもが喜ぶようなものを考えたり、相手の趣味などが分かる場合にはそれに合わせて。会社の上司など、あまり交流がなく、何がいいか分からない場合は、無難な商品を選ぶことも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする